スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久住山(2)

5月4日 天気くもり


午前6時に中岳に向けて法華院温泉を出発。朝食をお弁当にしてもらい、持参。


天気が悪くなる予報で、昨日の快晴の空とは打って変わって山頂は見えない。


■法華院温泉~白口沢コースから中岳(約1時間45分)


 20070513233424.jpg
ごろごろした岩の急坂を登ると、途中崩落地を避けるため沢に下りる。


20070513233431.jpg
沢沿いの岩場をのろのろ進む。とても歩きにくい。


この白口沢コースは地味なのか、全く人に会うこともなかった。


確かに眺望もそんなに良くない上に、道も歩きにくいので不人気なのかな・・?


沢を離れ、急坂を登りきると中岳・久住山との分岐にあたる。


中岳まであと15分くらいのところだが、ものすごい風とガスにまかれて視界はほとんどない。


20070513233437.jpg
中岳の頂上でとったビデオには風の音しか入っていない(-_-;)・・・。


自分の運のなさに泣く(T_T)・・・。無念の九州本土最高峰。


■中岳~天狗ヶ城~久住山(約30分)


中岳から天狗ヶ城に渡り、久住山に行こうとしたところ奇跡的にガスが晴れる!!!


風もおさまり、自分の強運に笑う(^.^)・・・。


初めての稜線歩き。


そうそう、これがやりたくて山に来ているようなもの。


連なる山を眺め、ピークに向けて進む、登った者しか味わえない達成感!!


20070513233455.jpg
硫黄山を右手に見ながら久住山頂上。最高の眺めだった。


■久住山~北千里ヶ浜~すがもり越~長者原(約2時間)


お湯を沸かし、ラーメンと一緒にお弁当を食べる。


20070513233446.jpg
う~ん、It's simple!


でも、格別の味。由布岳も見えるというオマケ付だった。


食べ終わるとみるみるうちに雲がかかってきて・・・


そこからはひたすら「雨雨雨雨雨雨」!!!


三俣山も登ろうかと思っていたが、断念して一路登山口へ。


北千里ケ浜までは順調にきていたが、すがもり越から長者原までのハイキングコースで泥だらけに。最後のサービスといわんばかりに全身泥まみれ。


おろしたてのオレンジのカッパは、かなりの年季ものに変身(-_-;)


 ま、泥んこになったのも、大雨にあたったのも思い出。


快晴のきれいな久住から、雨にかわる瞬間まで見ることができたんだもの、


ラッキーとしか言いようがないかな。


 ☆★今日のツボ★☆


中岳~久住山の稜線歩き。晴れたら由布岳まで全貌のパノラマ!!

スポンサーサイト

久住山(1)

2007年のGWは大分県の久住山に決定。

 

なぜなら、九州なら雪がないだろうから。

 

北アルプスに行ってみたいけど、雪山登山なんて、とんでも恐ろしくって・・・滅相もない。

 

遭難話をニュースで見ると、本当に行かずに良かったと思う。

 

5月2日の11時に名古屋を車で出発。

 

旦那さんと交代で運転し続け、朝8時に小倉へ。そこから中津経由で久住に入ろうと思ったら、大渋滞に巻き込まれ(-_-;)、13時に長者原の登山口に着く。

 

天気は快晴。本当にお山がきれいに見える。

 

はじめてちゃんと見る久住連峰はどっしりとして、ぷかぷかたなびく噴煙がのどかな感じがする。

 長者原から

■雨が池コースから法華院温泉へ(約2時間)

 

20070511235359.jpg


 1時間ほど緩やかな登りの樹林帯を歩くと、雨が池越に到着。

 

三俣山を眺めながら、下りの道を坊がツルへ。1時間ほどで到着。

 

 20070511235427.jpg


歌にも歌われた坊がツルは、周りを山に囲まれた見晴らしの良い草原だ。


本当に天気もよく、雄大な景色にしばし感動・・・。


そして、4時には法華院温泉到着。


20070511235441.jpg




実は山小屋に泊まるのはこれが初めて!!



噂によく聞く、「1畳に3人寝る」なんてことを予想しながら構えて行ってみたところ、一人1畳のスペースありで、少し拍子抜け。



一番気になっていたトイレは、なんと!水洗・洋式だし!!!風呂もあるし、なんて快適な所なんだと安心する。



ご飯だって品数は多いし、テレビも見れたし。普通の旅館みたい。


あと、知らない人通しで山の話を語り合ったりするのかと興味深々だったのだが、以外にみんな「淡白」。

20070511235451.jpg



夜は200人ほどが大部屋で寝るのだから、「がーがー」とお父さんたちのいびきはすごい。(-_-;)


そのはず、山小屋ってやることがないからみんな酒盛りやってるんだもん。いびきも深くなるはずっちゃ。



でもそれを耳栓で回避した自分は、なんて用意周到なんだと「自我自賛」。





その2へ続く。




★☆今日のツボ★☆


ビューポイントは坊がツル!

360度お山に囲まれて、今度はテントで寝てみたい!        
プロフィール

choco

Author:choco
名古屋在住です。
2006年ごろから山にハマり、毎週末遠征をしていましたが出産とともに終了。最近は7歳・4歳の子どもと一緒に登ってます。
親子登山の話題がメインになります♪
よかったらお気軽にリンク・コメントしてください。

最近の記事
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。