スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Let’s go 富士山

今週末の山の計画は中止に。

週末になるにつれ“くたくた”になっていく旦那さんに山行の情熱は感じられず、土曜日に「明日晴れるかなあ」と言ってみるも「雨だよ無理じゃん」と深夜の全英オープンにかじりつく。

(-_-;)

今回は無理ですな。

しょうがないなあ、たまには休ませてあげよう。


だって、来週は富士山なんだものヽ(○´3`)ノチュゥゥ

 


今朝から、富士山の山小屋を予約したり、登山計画を立てたり・・・

いつも思うけど、登山って登っている時はもちろん楽しいけど、計画を立てるときも結構わくわくする。

ここでご飯たべよう、とか何を持っていこうかな、とか時間を計算したりとか・・

計画通りに行かないことが多いけど、それもまた良し、って感じで。

うちにはBOOK OFFで買ったヤマケイや岳人が山のよう。(古本屋というのが貧乏性)

 

とりあえず、須走口から登ってご来光見てきます。

しかも、旦那さんだけではなく、山登り初挑戦の知人2人を連れて♪

二人が登山にはまるかどうかは来週のお楽しみ。がんばりますわ。

3000メートル越え2回目の挑戦っす。

 

 

そんなわけで今日の休みはモンベルと好日山荘めぐりと名古屋場所TV観戦で終わり。

 
スポンサーサイト

御嶽山


     7月16日(月)海の日 くもり

14・15日で予定していた八ヶ岳登山&同窓会は台風のためパアになり、この二日間は夢枕獏の「神々の山嶺」をひたすら読む。たまには読書をするのもいいかと思っていたのだか、山の話を読み進めるにつれ、『やっぱ本当の山に行きたい』と思いが募る。

 ということで、台風一過の晴れを期待して16日は山行を決定する。

5時に起きて外を見て、旦那さんを叩き起こす。「御嶽山が見えた!!」

梅雨でずっと見えなかった御嶽山が見えている!これは行くしかない。

 

しかし

 

田の原駐車場につくと・・・

御嶽山は雲の中。(-_-;)

 

梅雨をなめとった・・・。


IMG_3651.jpg

 

 

が、ここまできたので、カッパを装着し登山開始。

 

     王滝登山口~剣ヶ峰(約3時間)

 

カッパを着たものの、5分もすると雨も止み、すぐ脱ぐことに。

とりあえず、視界はあまりないもののラッキー。


IMG_3655.jpg

 

自分はあまり知らなかったのだが、信仰の山ということでいたるところに鳥居や神様が奉られている。さらに、白い装束を着、鈴を鳴らしながら登る人の多いこと。

『ここは四国?』というようなイメージ。

御嶽山はスキーでしか来たことがなかったが、もちろんスキー場にそんな格好の人はいるはずもなく、今回の山登りでイメージが全く変わる。

ちゃらちゃら登っていてはダメなのかもしれない・・・と気分を引き締め(?)登る。

 

しかし、急な登りの続くこと、続くこと・・。

なだらかな箇所が全然ない。

この苦しさを乗り越えることが修行なの? (>_<) つっら~

 

お楽しみの花はそれほど多くなく、でもいくつか群生していた。

IMG_3665.jpg IMG_3668.jpg IMG_3689.jpg



 

雪渓の横で休んでいると、下っているおじさんが

「ライチョウがいたよ~」と。

ダッシュで登るが、時すでに遅し・・

私はいつライチョウに会えるのか・・・(;_;)

 

ぜーはー言っているうちに王滝頂上に到着。


IMG_3669.jpg

神社でお参りして、さらに上の剣ヶ峰をめざす。

IMG_3673.jpg IMG_3674.jpg ←頂上は雲の中~・・


ここからがさらにきつかったが、ピーピー言いながらもなんとか剣ヶ峰頂上に到着。

ラッキーなことに雲が少し切れて景色が眺めることができた。


 IMG_3676.jpg  ←頂上から
IMG_3679.jpg



うれしい!実は3000メートル越え、人生初体験だったりする!!

自分の足で登れたこと、御嶽山に感謝!!

辛かったけど、人間がんばれば行けるんだ~と思った。

念入りに頂上の神社にお参り。

 

 

 

下りは目を皿のようにしてライチョウを探すが、無念。。

次回に期待。

 

最後に、ずんどこさんに教えてもらった19号沿い中村の「五平餅」・・・激ウマでした!!!

(^。^)

お餅はちゃんとお米の粒が残っていて、絶妙の焼き具合にいい甘さの味噌がたまらない。

2本食べればよかった!

ほんと、おススメですね。


ShowLetter.jpg 

↑食べかけの写真で申し訳ないのですが、ほんと美味!





 

 

血まみれ霊仙山

     7月8日(日)曇り

 

前日予定していた御在所岳は雨により無念の中止。梅雨はしょうがない。

しかし、消化不良の自分は仕事の疲労感漂う旦那さんを無理矢理連れて滋賀の「霊仙山」へ。

関が原インターを降り、30分ほどで林道にたどり着く。

がたがたの林道を車で抜けて登山口へ。

 

     登山口~霊仙山(約2時間10分)

IMG_3634.jpg 

登山口から沢沿を歩き、槫ヶ畑の山小屋を過ぎて雑木林の道をあがる。

IMG_3637.jpg

1時間ほど歩くと見晴らしのいい原っぱになる。石灰岩が点在し、高原の散策コースのようだ。

山頂(1084メートル)からもあたりの山々が見え、曇っていたがうっすら琵琶湖を見ることもできた。

ここまでは無事・・・。

IMG_3643.jpg  IMG_3646.jpg


 

     霊仙山~登山口(約1時間30分)

途中、経塚山の山頂でおじさん二人に会う。

この日は本当に登山客が少なく、たまに人に会うとほっとした。

「これ見てください」とおじさんがひょいと自分の足をあげた。

 


「ぎょえ~~~!!!」( ̄□ ̄;)!!



おじさんの靴下は血で真っ赤!

ひどい出血だ。

「ひるにやられました」

「・・・。」

 

鈴鹿の山は夏になると山ひるが出るので有名だそうだ。

おじさん達は自分たちが登ってきた道とは違う沢沿いのルートを通ってきたらしい。

正直、自分はひるなんて見たこともないし、噛まれた人に会うことも初めてだった。

 

「こええ~~~」

「絶対やだねえ、もし噛まれたら泣いちゃう」

と私ら。

 とりあえず、自分たちは噛まれていないので安心していたところ

 


「うぎゃああ~~~」



と旦那さん。「俺やられた~~」

気づかなかったけど、実は2箇所もやられていた。

靴下は真っ赤。ふくらはぎにはべっとり血がついている。

ひる初体験。

 

音もなく忍び寄る恐怖・・・。ヒィィィィィ(゚ロ゚;ノ)ノ 

 

 

帰りは往路をそのままたどることに。 

山小屋「かなや」では、沢の水を利用して冷やされたジュースが売っている。

ジュースを飲みながらふと旦那さんの足を見る。。。すると

 

「いる~~!!」

 

尺取虫のようにユーモラスな動きをする山ひるが、またもや旦那さんの足を狙っていた

 

(||゚Д゚)ヒィィィ! 

 

夏の鈴鹿の山、もう二度と行かない、と誓う。

山歩きを楽しむどころか、足元が気になって気になってしょうがなかった。

ひたすら、血まみれになる恐怖との戦い・・。

鈴鹿は秋と春に行こう・・・、夏は高い山に行こう・・・。

下山後は養老の「グリーンハイツ養老」で温泉に入り(なかなか立派な施設だった)、養老名物の焼肉屋でもりっと肉を食べて帰る。美味!

ひるの怖さを知った山行だった。知らない世界、まだまだあるわ~。

気合で行きます!

ここのところ梅雨空が続いていて、少しストレスがたまる。


来週は八ヶ岳にまた行くつもりなので、その前に一回山行したい。


そこで明日は小雨決行覚悟で三重の「御在所岳」へ。


派遣先の社員さん2人と初登山。


1人はおNEWのスタイルで登山初挑戦。


そして、もう1人は元ワンゲル部の本物。


ただいま自分は職場で、お山の「布教活動」に力を入れている。そんな活動にひっかかってくれた1人が明日一緒に付き合ってくれることに。


さらに、別の二人も来月は参加するとか。


「登山部」始動か。ふふふ。


とりあえず、気合で行ってきます!!(^.^)

梅雨の中休みの反省

■7月1日(日)


今週の山行は御嶽山に決定。


朝4時に起きて、出発。


名古屋を出るときは天気はくもり。それほど悪くなかったのだが、中津川に着くと霧雨。


御嶽山どころか、恵那山も、近くの低い山でさえ見ることができない。


「やめよ」


ということで、断念。御嶽山は逃げないよね。


朝マックをして名古屋に戻る・・・高いマックだ(-_-;)


 


予定がなくなったので、急遽浜松の旦那さんの実家へ行くことに。


実は2月の結婚式以来ご無沙汰していて、そろそろ行かないとな~と思っていたところ。


夕方着くと、お義父さんが「やっと来たな~~」と。


お茶碗やスリッパなど、自分たち専用のものが出てくる。


さらに、去年自分がベランダでトマトを栽培したところ枯れてしまった、というくだらない話をお義母さんが覚えてくれていて


「プランターでトマトを育てたから、持って帰ってね」と。


庭にはたわわに実がついたトマトのプランターが・・・。(T_T)


「あとは実がどんどんなるだけだからね」と。


 


ほんとごめんなさい、。(T_T) お義父さん、お義母さん。


山登りばっかしていて、不義理してました。


息子が帰ってきてニコニコ笑っている二人を見ると、たまには山登りをやめて顔をださないとな~と反省しました。


次は名古屋場所に招待します~~m(_ _)m


 

八ヶ岳(赤岳・横岳・硫黄岳)その2

     赤岳天望荘

お泊りは赤岳天望荘。久住に続いて2回目の山小屋お泊り。

土曜日とあって小屋の中大変な混雑。

ご飯を食べて、とりあえずすることもないので8時に寝ることにする。

実は初めての寝袋体験だったりする。

枕カバーや寝袋のシーツは・・・見ちゃいけない(>_<)と思いつつ目をつぶる・・

 

 

しかし

 

寝心地がよくないせいか

 

 

「眠れない」

 

疲れているはずなのに・・実は頭も痛いのに・・

 

 

「眠れない」

 

 

どうしようと悶々としているうちに午前3時起床。寝たのかよくわからない。

となりの友人二人は「ぐっすり眠れた~」と笑顔。

うらやましい~~。

赤岳の頂上で朝日を見ようと計画していたので起きることに。

 

(-_-;)

 

山でいらないもの・・・デリケートな性格。

 

 

     赤岳天望荘~赤岳(30分)

ヘッドランプをつけて頂上へ。見えない斜面はけっこう怖かったりする。正直急勾配なのだが、明るくなった下りのほうが怖くなかった。

 

ご来光は申し分なくきれいだった。

しかしそれ以上にラッキーだったのは、赤岳にあたった朝日の光が、バックに山の影を作ったこと!

隣にいた山のガイドさんも「こりゃあすごいねえ」と連発。

本当に感動的な朝だった。

 

IMG_3573.jpg←横岳方面


IMG_3574.jpg


IMG_3576.jpg←赤岳の影!

IMG_3554.jpg←赤岳




 

続きを読む

プロフィール

choco

Author:choco
名古屋在住です。
2006年ごろから山にハマり、毎週末遠征をしていましたが出産とともに終了。最近は7歳・4歳の子どもと一緒に登ってます。
親子登山の話題がメインになります♪
よかったらお気軽にリンク・コメントしてください。

最近の記事
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。