スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いろいろ初体験☆白馬岳(1)

  9月16日(日)くもりのち雨 

今回は2日間で白馬岳に登る予定。メンバーは槍ヶ岳に一緒に行った高松のTくんと彼女のSちゃん。あと、新メンバーとして自分の大学時代の友人、Kちゃん。

Kちゃんは木曽駒に続く参加となるけれども、本格登山は実質上初めて。

実は富士山に一緒に行く予定にしていたのだが、わけあって参加できず、今回はなんとしても「来たい!」とのこと。

出発前に大急ぎで道具を揃え、彼女は山への熱い想いを抱きしめてやってきた。

 

しかし

 

16日、予報は午後から下り坂。17日も雨の予報。

行きの中央高速も雨。一足先に山に入っているTくんから「やめたほうがいいのでは」というメールが。(T_T)

 

でも、白馬駅まで来てしまい、山を見てしまったからには「行くしかないよね」の結論。

本来は猿倉から大雪渓をあがり、栂池経由で下山の予定にしていたが、「とりあえず最短でピークを踏もう」、ということで大雪渓往復ルートに変更。

さあ、出発だ!

 

■猿倉~大雪渓~白馬山荘(約7時間)

 

TくんとSちゃんは前日に八方から白馬方面に向かっているので、私・旦那さん・Kちゃんの3人で登り始める。

天気がイマイチなせいか、猿倉の駐車場はまだスペースがあった。登る人もまばらだ。

 

IMG_4116.jpg IMG_4117.jpg IMG_4122.jpg

↑猿倉駐車場・猿倉荘(カワイイ)。まだこのころは山も見えていた。

 

午前8時出発。1時間ほどで、白馬尻小屋に到着。ここまではまだ山は見えていた。

いよいよ大雪渓・・・なんだけど、9月も半ばになるとかなり小さくなっている。写真で見る大雪渓とはぜんぜん違うが、これはしょうがないよね。

 

 IMG_4125.jpg←クリックしてね。雪のない大雪渓。

 

小さいながらも、初めての大雪渓、3人のテンションは自然とあがる。

とりあえずアイゼンなしで登り始める。

ところどころにクレバスがぱっくり開いているので、よけながら進むことに。


 IMG_4131.jpg←がんばって登ってます!


 

しかし!!

 

だんだんガスが出てきて、視界がきかなくなる。

ただでさえ登山者が少ない上に視界が悪いので、まるで自分たちだけしかいないような気がするのだ。しかも、進んでいくと、クレバスがあって行き止まりに!!



IMG_4134.jpg←クレバスで行き止まり!!

 

「道がわからない」(||゚Д゚)!
 

前を行く人も、下山する人も見えず、道もわからず立ち往生。

来た道を戻りつつ、赤いテープを探しつつ進むが、テープも途中で消え本当に道がわからなくなる。

 

IMG_4132.jpg←だんだんガスが出てきて、視界がきかない!

雪渓を降りる途中では派手に滑って転び、私の不安感はさらに増す。

おまけに、遠くで「カランカランカラン」と落石の音が聞こえる。以前、死亡事故も起こっていたことを思い出し、3人・・・固まる。

 

「どうしよう」(T_T)

 

しばらく同じところをウロウロしていると、一人の下山者が!!地獄に仏とはこのことだっ!

私「す、すいません!!!道がわからないのです~~~」

お兄さん、「あ、この赤い紅ガラを辿っていってください」

「紅ガラ?」

たしかに、赤いような茶色いようなラインが引かれている。

私「これ?」

お兄さん「そう、でも、あと10分くらいで雪渓は終わりますよ~~」

3人「・・・・。」

 

知らなかった、雪渓の登り方。「紅ガラ」かあ、ひとつ覚えた。

また、雪の上でガスにまかれると道に迷いやすい、というのも教訓・・。

冬山は怖くて絶対行けないわ。

 

Kちゃん、本格登山初めてなのに不安にさせてゴメンネ。

 

その後、ガスは晴れ、ほかにも結構登っている人がいることも

判明。一気に安心する。

ほっとしたところで一休憩。

 

雪渓が終わると、ガラガラした道をひたすら登る。これがまた急勾配。

IMG_4140.jpg←ここからが辛い!長い!

 

今回は山小屋宿泊なので、荷物が軽かったが、それでもヒ~ヒ~言いながら登ることに。

行けども行けども、先は見えない。

また怖かったのが、小さいながらも石が勝手に落ちてきた時。「もし大きな石が落ちてきたらどうしよう・・」

いつも思うけど、落石って注意しようがあるのかしら~。

 

ただ、お花がまだきれいに咲いていて、疲れた私たちを癒してくれた。

 

IMG_4135.jpg IMG_4148.jpg IMG_4151.jpg

 

IMG_4157.jpg IMG_4123.jpg
↑まだまだ咲いてました、お花たち。



でもKちゃんは余裕がなかったらしく「まわりは見てられない」と必死に私の後についてきたそうだ。

しかし、泣き言を全然言わないKちゃん、ものすごい根性ある!

おそらく、もし自分が初めて登山でこんな辛いコースに来たならば、絶対泣きを入れてたはず。

本当におみそれした!!


 

猿倉から5時間を費やすころに、やっと村営頂上宿舎が見えてくる。「はあ~~、よかった」。

 

IMG_4149.jpg←靄の向こうに小屋が!

トイレを借りて(かなり山小屋の人が無愛想で、笑えた)、本日の宿、『白馬山荘』を目指す。

 

IMG_4160.jpg←超立派!!!



近くに見えているのに、ぜんぜん近づく気配がない。なんでこ

んなに苦しいのだろう。

でも、午後3時無事到着・・・。

山小屋について、かなりほっとした。(*´∀`)ノ

 

さあ、待ち合わせをしている、TくんとSちゃんを探さないと!!!


banner_04.gif

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お疲れ様で~す^^

v-290・・・お疲れ様~~^^

読んでる方が、ハラハラしたよ~v-12
雪渓は大抵、赤ラインをひいてくれてるけど~、
たんまにわからなくなったりしますよね~><
ガスると真っ白だし。。。

白馬大雪渓・・・単調でしんどそうだから、まだ一度も通ってません・・・やっぱ、しんどいんや~i-230

でも、天候にもめげす、みんな頑張りますね~v-411
えらい!! また、続きを見に来ま~す^^v

>みいさん
こんにちは、いつもありがとうございます。
大雪渓、登っていないのですか!!そりゃあ、ぜひぜひのぼってくださいよ~(^.^)
旦那さんが荷物は持ってくれますよ~(笑)

確かにすっごい辛かったけど、達成感はヒトシオでした(T_T)
それから、もっと早い時期だと雪もたくさんできれいだろうなあと思います。

ほんと、ガスに巻かれたときは大げさですが怖かったですよ。ドキドキものですね。

でもでも、北アルプス、雄大でいいですよね~。
もっと、もっと行きたいです。

大雪渓

あんなに雪がなくなっちゃうんだぁ!

白馬岳まで一直線だから、
時間やっぱりかかりますね~
山頂は、翌日の朝かな?ご来光?
晴れたのか?
早く知りたいぞ~(笑)

僕も白砂山レポ続き書かなきゃv-8

>ひろさん

こんばんは~~
夏に白馬いかれてましたよね。では、全然雪の量が違いますよね。真夏の白馬、見てみたいな。

山頂は1日目、ガスガスで諦めました~
次の日にチャレンジ。
ご来光、ステキでした。
白馬(2)でどうぞ。

読んでてドキドキしてしまいましたv-12
白馬大雪渓にはあんな大きなクレバスが口をあけてるんですね。もし滑落したらと思うと本当に恐ろしい・・・
雪渓のライン・・・紅ガラというんですね。お勉強になりましたv-10
でも今まで行った雪渓ではまだ見たことがないです。
春の涸沢ではピンクのリボンがついた棒がときどき雪に刺さっていただけです。それも吹雪くとほとんど見えない。あと雪崩も怖い。冬のアルプスなんて一生行くことはないだろうなぁ。
白馬はもう紅葉していましたかv-34
パート2楽しみにしていますv-218

>ゆきぽんさん

こんばんは~。
クレバスぱっくりあいてましたよ~。コワーです。
ちょこっと除いたけど、あれはいけませんね。。。
ほんと、ガスにまかれると迷ってしまいます。涸沢も天気が悪いと恐ろしいでしょうね。ましてや雪崩なんて!!!!

憧れますが、わたしも冬山はまだまだ無理ですね。
白馬、私の行ったときは紅葉なんて・・・、という感じでしたよ。頂上下にはお花畑が!でした。
でも、10月上旬ならきれいなのかも!!
ぜひ行ってみてくださいね。

私も紅葉の山をどこに行こうか思案中です。
涸沢、きれいだけど混んでそうですよね・・。
プロフィール

choco

Author:choco
名古屋在住です。
2006年ごろから山にハマり、毎週末遠征をしていましたが出産とともに終了。最近は7歳・4歳の子どもと一緒に登ってます。
親子登山の話題がメインになります♪
よかったらお気軽にリンク・コメントしてください。

最近の記事
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。