スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

群馬満喫(2)♪尾瀬・至仏山

■5月4日(日)快晴

いよいよ5月4日はこの旅行のメイン、尾瀬・至仏山の登山。

駐車場の競争率が高いと聞いていたので、前日より鳩待峠に移動しておこうと、尾瀬戸倉まで車を走らせる。
すると・・・
戸倉の看板に『鳩待峠満車』の印が。
(゜o゜)エー
そんなあ、まだ午後10時なのに。恐るべしGWの尾瀬。
バス停の前にはシュラフで野宿している人もいて、いったいどうなっているの??

IMG_5275.jpg

私たちは戸倉のPに入れようと思ったが、見るとトイレが閉まっている。こんなところでは眠れない、といったん国道を沼田方面にもどり、『さわやかトイレ』と書かれた公衆トイレがあるスペースで寝ることにした。言葉通りとてもきれいなトイレでした。

↓さわやかトイレ
IMG_5179.jpg


さて、次の朝は戸倉Pから乗合タクシーに乗って鳩待峠に向かう。駐車場はいっぱいで、たくさんの人がタクシーやバスに乗っていた。
山荘を予約したときに担当の人が「今は雪しかありませんよ、いいですか?」と念を押していたのに、尾瀬はものすごい人気なんだな~、と改めて思う。
ただ、登山の人がほとんどで、観光の人はいないようだ。当たり前か。

↓鳩待峠の様子
IMG_5180.jpg


■鳩待峠~至仏山頂(約2時間40分)

鳩待峠からは完全に雪。登山客の約半分はスキー板をはいていて、残りの半分はアイゼン、その他だった。山スキー、人気なのねえ。初めて間近に見た。
それにしても、スキーヤーはほとんど年上だ!60代くらいの人もたくさんいる。若い人がほとんどいないので、ゲレンデスキーとは雰囲気が全然違うかも。大人のスポーツか!!

山頂へは大勢が列をなして登っていっていく。

↓待ってろよ至仏山
IMG_5186.jpg


↓アイゼンなしでも登れました
IMG_5181.jpg


自分たちは最初何もつけずに登っていたが、せっかくスノーシューを持ってきたので意地でも履いて登ろうと思い、装着。すると・・・
かかとを上げるとスイスイ進む、進む。
「ワーイ楽チンだ~」
と意気揚々と登っていく。
しかし、アイゼン組も速く登れているので、そのうちスノーシューの威力がわからなくなり、足が重たい分疲れもでてくる。

しかし、そんな疲れも吹き飛んだのが快晴のお天気と景色。高度をあげるにつれて周りの山々が見えてきて、特に向かい側にある『燧ケ岳』の見事な姿が私を励ましてくれた。(名古屋に戻ってデジカメのデータを見ると、燧ケ岳ばっかり。)

↓スノーシューで登ります
IMG_5193.jpg


↓日光白根山かなあ?
IMG_5183.jpg


↓燧ケ岳!!!立派すぎ!
IMG_5189.jpg


いよいよ小至仏の山腹をトラバース。ここはけっこう傾斜が急な所だったので、緊張しながら慎重に足をすすめる。

↓けっこう怖かった
IMG_5194.jpg

やっとトラバースが終わると、山頂へ。斜面を見ると、亀裂が入っている箇所もあり、足早に進む。コワー。

IMG_5197.jpg


↓よく見ると亀裂
IMG_5198.jpg


最後の急坂を登ると、無事に山頂に到着した。四阿山よりも近かったかな。

山頂は、人・人・人。とても雪山とは思えないほど。

↓はいチーズ
IMG_5202.jpg


そんな中、あるおばちゃんグループに写真撮影を頼まれる。
「この角度から燧ケ岳を入れてください~」と頼まれたので、自分はその場所からシャッターを押したが、
彼女らはさらに周りに座っている人たちに向かって
「燧ケ岳が入らないので、どいてくださ~い」と、休んでいる人を移動させたのには呆気にとられた。おばちゃんって、怖いもの知らずだわ。(-_-;)

↓確かに文句なしにカッコイイ
IMG_5205.jpg


■山頂~至仏山荘(約1時間40分)

お弁当を食べたので、今夜の宿、至仏山荘に下山することに。
立て看板に「山頂から山の鼻に向かうルートはなるべく下山で使わないで」と書かれてあったので迷ったが、鳩待まで戻るのもどうかと思い、そのまま山荘に向けて下りることにした。

↓がんばるぞー
IMG_5207.jpg


途中、雪のない箇所をすぎると・・・かなりの雪の急斜面があらわれる。
スキーヤーはそこから格好よく滑り降りていた。
気づいたけど、山スキーの人にボーゲンはいない!!ヘタクソはいない!!
旦那さんに「君に山スキーは無理だね」と念を押された(-_-;)たしかに。

私らは
『ソリ』
ていうか、
『銀のマット』
で尻すべり。

↓速い速い!!
MVI_5213-01.jpg


これが・・・・初めてやってみたが、
ものすごいスリル感で、楽しすぎる。
気づかず登山道をそれてしまうほどに熱中してしまった。
ただ・・・ザイルを結んで慎重に下りているパーティの横をキャーキャー言いながら下りたのはヒンシュクだったかしら。
でもおかげで2時間10分のコースタイムを30分も縮めて楽々下山。
あ、ズボンはびっちゃびちゃになりました。
至仏山荘は私の山小屋歴の中で1位にあげられるきれいさ。なんと、トイレがウォシュレットだったのはびっくりした。さらに、お風呂にも入ることができた。まるで高原のホテル。

今日はお疲れ様~。初めての尾瀬は大感動だ。至仏山サイコー。
山を見ながら生ビールで乾杯した(ほとんど私が飲んで・・)


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

綺麗な燧ケ岳!

至仏山だったんだぁ!
残雪の今の時期はすばらしい眺めだね!
2時間半でつけるって夏より早いんじゃない?
道がまっすぐだからかな?

銀マットでのすべり、
楽しそうだね~
パーティーの人たち、うらやましかったりしてv-8

至仏山荘は僕とあっこの初めての山小屋デビュー。
綺麗だよね~
相部屋だったけど、旅館と同じだったな。
懐かしい。

この時期山の鼻のテン場はいっぱいだっていうけど、ほんと?
尾瀬は夏も春も秋も最高だね~
今年も尾瀬には行きますよv-218

遠くまで遠征してきた甲斐があったでしょv-290

やったね~!快晴の尾瀬

至仏山からの眺めは最高でしょ~^^v
我らは、燧ヶ岳越えて歩いて来たから、余計に感無量でした~v-218
数年前のGWでした~0^^0

山の鼻のテン場も快適~でしたよ~♪ でも、確かに結構、張ってたなぁ・・・^^

やはりここは山スキー~人気なんだ!
もう、一度、行ってみたいです! 山スキーで・・・v-223
確かに、山スキーって、スーパーおやじが多く、年齢層高いよね~^^
でも、みんな超・うまい!!

みいv-530 は、未だにボーゲンやで~~(笑)
まだ、足がそろわない・・・0--0 スーパーおやじに、スーパーボーゲンとからかわれる・・・(爆)
ボーゲンでも山スキーは可能なのだ・・・i-229 ・・・と、思っている(?)
いつかは、足を揃えて滑りたいけど・・・i-236

しかし、我らが行った時より、全体的に雪が少ないような・・・><
年々、雪・・・減ってくのかなぁ・・・?

山を見ながらのビールは、本当においしいね~v-275

最高でした

>ひろさん

こんにちは。
至仏山荘、相当きれいですね。電気がきているらしいから、自販機もありましたね。
尾瀬、ほんとまた行きたい。
遠征してよかった。最高の眺めでした。
夏も秋もいいだろうなあ。花もみたい。紅葉もみたい。
でも、なかなか遠いよーーー(T_T)

至仏山、これから登山禁止みたいですね。夏はどんな感じなんだろ。
冬は確かに登りやすいかも。意外に速く登れるみたいですね。
ソリは・・・やみつきになりそう。私たち、速かった~~。
テント場は確かにたくさんテントが張られていましたよ。
あそこは設備もととのっていて、よさそうですね。私も行ってみたーい。

行ってヨカッタ。

>みいさん

こんにちは。
雪、少ないのかな。山荘の人は例年並みって言ってましたけど、例年並みが少なめになっているのかな。
山スキー、みいさんスーパーボーゲンですか(笑)
私だったら超スーパーボーゲンだな。
みんな、カッコイイですよね。私の親世代の人たちが元気で、さらにウマい!
「おお~」って歓声があがります。

燧ケ岳はぜひ夏か秋に行きたいな。また、尾瀬に行く楽しみができた・・。
でも、遠いね。大阪からだともっと遠いけど、疲れました。
数年後までにいけたらいいな~。いつだろ。

こんばんは。GWは九州に尾瀬に大移動ですね!
尾瀬は大人気なんですね。バス停でシュラフで野宿ってどんなんなんでしょ!?
お天気にも恵まれて、とってもすんばらしいー景色!あぁ、わたしも山に登りたいです。
しかも山スキーうらやましい限り・・・。うずうずしましたv-10

至仏岳もヒウチガ岳も見ただけです・・
2年前の6月に尾瀬に行きましたが、尾瀬ヶ原~尾瀬沼のミズバショウを
見ました。そのときにはもう2度と見ることはできないだろうと思ってましたが、
お陰さまで残雪の至仏岳を見ることができました←ありがとう
何しろ。。遠いい~

ゴールデンウイークは相当込んでいたようですね----
至仏山や尾瀬ガ原はそれでなくとも込みますよ
私は連休が終った7日の日に尾瀬沼へ行ってきましたが
静かな尾瀬沼でしたよ-------
名古屋からは遠いですね・・・!!
実は私も福岡出身です、もっとも親についてこちらに来たのでもう何十年前ですが
それでも福岡にはいまも、叔父や叔母がおります。

> eriさん

こんばんはー。
GWほんと、忙しかった。こんなに遊んでいいのかしら、って具合に遊びました(笑)
おかげで最終日は寝込みました、アホですね。
シュラフに入って寝てたんです、ほんと地べたに。
テントとかなしで、(屋根だけあったけど)。
びっくらこいた!!死んでるかと思った(笑)
山スキーは、ボーダーもけっこういましたよ。なかなかいいゲレンデでしたね!!
私も滑れたらやりたいなあ、って思いましたもん。

尾瀬遠いですね

>よっちゃんさん

こんにちは。
風邪の具合はいかがですか?急に寒くなりましたね。
尾瀬の水芭蕉、今回はちょこっと咲いてましたよ。
次レポで写真アップしますね。
6月だときれいでしょうねえ。今回はさすがに花は楽しめませんでした。
山もヨカッタ。気軽に行ければすぐに燧も登りたいけど、なかなか遠いですね。
よっちゃんさんは、ベルちゃんがかわいそうだから難しいですね。
だったら連れて行ったら???犬って入っていいのかしら??

>nobuoosanさん

こんばんはー。コメントありがとうございます!!
尾瀬、近いのですね。うらやましい。
気軽にいける範囲なんて・・・夢のようです。尾瀬沼と燧は次回のお楽しみと思ってます。
nobuoosanも福岡ですか!!わー、うれしい。
私は北九州出身です。両親はまだいますので、ちょくちょく帰りますよ。
nobuoosanのブログ、また遊びにいきますね♪

こんにちは。
「尾瀬・至仏山」最高の景色ですね。v-57
来年のGWにぜひ行きたくなってきました。
特に、座って滑ってるやつ、やりたいっす!v-39

それにしても、九州から尾瀬って、パワフルですねえ。v-7

遊びに命かけてます

>kingpinさん

『九州から尾瀬って、パワフルですねえ。』
我ながらアホですね。最終日は寝込みました(笑)
旦那さんにいつも「お気楽」って言われます。
スノーシューもたのしいけど、尻滑り、原始的でいいですよ。童心に返ります。
遠かったけど、意外にいけました尾瀬。岡谷から下道でいきました。
長期休暇の際は、ぜひ~

chocoさんこんにちは!
GWの尾瀬はまだこんなに雪があるのですね。
スノーシューってやっぱり楽しそうでいいですね。
私も尾瀬に行きたいよ~雪解けが待ち遠しいです。

銀マットで尻セードとはこれまた楽しそうですね。
写真でもスピード感がすごく出てますヨ。
気になるのはブレーキ・・・はどうやってかけるのかな?
それにしても写真はご主人でしょうか、楽しそう・・・♪

お久しぶりです~

>ゆきぽんさん

こんにちは。
最近、ブログお引越しされていたのか、行方不明でした~(笑)
コメントありがとうございます。
そうそう、尾瀬は雪だらけでしたよ。でも、おかげでマット滑り、超楽しかったです。
写真は旦那さんなの。しぶきがすごいでしょ。
止まるときは、気合で足で止めますが、急斜面だとけっこうとまりません。
全身を使って止めましたよ。
あと、欠点は曲がらないということ。けっこう難しいのですよ。
だから、変な方向にいっちゃうの。
私の知り合いは赤岳の地蔵尾根でやったそうです。相当おもしろかったそうな。。。
プロフィール

choco

Author:choco
名古屋在住です。
2006年ごろから山にハマり、毎週末遠征をしていましたが出産とともに終了。最近は7歳・4歳の子どもと一緒に登ってます。
親子登山の話題がメインになります♪
よかったらお気軽にリンク・コメントしてください。

最近の記事
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。